合成界面活性剤の種類と毒性


合成界面活性剤とは

awa界面活性剤とは、ものすごくわかりやすく言うと油と水を混ぜ合わせる性質がある物質のことです。

例えば石鹸や洗剤などには界面活性剤が入っています。
洗剤などに使われている化学的に作られた界面活性剤のことを合成界面活性剤と言います。

中でも特に危険な合成界面活性剤LASといい、ほとんどの洗濯洗剤に入っている成分で、主婦湿疹や水質汚染の原因になるなど問題になっています。

合成界面活性剤の毒性

eco合成界面活性剤の毒性を考えるとき、「表示指定成分」というのを基準にするとわかりやすいです。

医薬部外品(洗剤やシャンプー)は本当は成分を表示しなくてもいいんですが、「危ないからこれだけは表示しなさい」と法律で指定されている成分があります。それが「表示指定成分」です。

表示指定成分一覧表
http://joca.jp/

市販のシャンプーや洗剤でよく使われている合成界面活性剤で、中でも特に毒性が高いとされているのが、LAS(直鎖アルキルベンゼン)とラウリル硫酸(アルキル硫酸)・ラウレス硫酸(アルキルエーテル)の3つです。毒性は低いものの、ラウロイル(ココイル)系のものも指定されています。

敏感肌の人や妊婦さん、赤ちゃんのお洗濯などは注意が必要です。

安全な界面活性剤とは?

wash合成界面活性剤の中でも、比較的安全なのは石鹸です。「表示指定成分」には指定されておらず、分解されるのも早くて地球に優しいのが特徴です。

その他には、ムクロジ・米ぬかなどの天然の界面活性剤や、重曹・セスキなどのアルカリ剤も安全です。
アルカリ剤は、そもそも界面活性剤ではなく無機物なので、水質汚染の原因にはなりません。

これらの安全な洗浄剤は、とても小さな会社が販売していることが多く、テレビなどで宣伝することが無いので、あまり知られていませんが、実はエコ洗剤や液体石鹸よりも安くて安全なものがたくさんあるので、試しに使ってみてください。(→「赤ちゃんにも安心な、おすすめ洗濯洗剤とは?」)

危険な表示指定成分が使われているにもかかわらず、蛍光漂白剤が入っていないだけでエコ洗剤として販売されているような商品もたくさんあるので注意が必要です。

買う前に、その洗剤が体質にあっているかどうか、筋反射テストで確認すると安心です。

【分解の早さ】

◎石鹸(脂肪酸カリウム)
◎複合石鹸(脂肪酸エステルナトリウム・脂肪酸アルカノールアミド)
◎ラウロイル(ココイル)系
〇ラウリル硫酸(アルキル硫酸エステル・AS)
△ラウレス硫酸(アルキルエーテル硫酸エステル・AES)
△ポリオキシエチレンアルキルエーテル(AE)
×LAS(直鎖アルキルベンゼン)